古来の儀式を取り入れて

男女

神前で結婚を誓う

色々ある結婚式の中でも、神前での挙式は静岡で圧倒的に多く行われている形式です。神道は日本の宗教の中で最も古いものですが、現在のような神前結婚式が行われるようになったのは意外に新しく、明治三十三年からです。それまで静岡の庶民は自宅で結婚式を行うのが当たり前でしたが、その年、皇太子のご成婚を記念して東京日比谷大神宮が一般の人たちを対象とした結婚式を始めました。そして神前結婚式は神社の神殿で、三三九度など古来の儀式を取り入れた厳かさが受けたのか、瞬く間に全国に広まっていきました。現在静岡では神社の神殿でという部分が簡略化され、ホテルや式場に設けられた仮神殿で行い、そのまま披露宴に移行するというのが一般的になっています。神前結婚式の式次第は神社によって多少の違いはありますが、儀式の手順や作法、例えば玉串の奉げ方などは、挙式の前に控え室で係の人から説明がありますので、それに従い厳粛な気持ちで式に臨みます。また、指輪の交換をする場合はこの説明の時に係の人に預けます。結婚する二人が指輪を交換するのはもともとキリスト教のしきたりですから、当然昔は静岡でも神前の挙式にはない儀式です。しかし神仏の前で夫婦となることを誓い、その証として指輪を交換することはとても意義深いことなので、今では宗教に関係なく行われています。式の終了と披露宴の開始の間に記念撮影があります。これは新郎・新婦二人だけのものと、親族全員が入るもの、また、披露宴の出席者も入るものがあります。

婦人

全てお任せできます

二次会の準備は、結婚式準備と同時に行わなければならないため大変です。また友人に依頼すると大きな負担をかけることになってしまいます。そのため幹事代行に依頼するのが人気です。会場選びから料理、プログラムまでプロのアドバイスを受けながら作り上げることができます。

赤い糸

盛り上がる映像演出

それぞれの生い立ちや出逢いなどを映像で振り返ることができるのが、プロフィールムービーです。結婚式では、演出の1つとして多くの人に人気となっています。個人で制作することもできます。しかし、結婚式の準備で忙しいカップルは、業者に依頼しています。業者に依頼する際は、きちんとポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

パーティー

大切な人の大切な日のため

結婚式を終えて二次会を行なう上では、友人などに幹事を任せる人が多いです。しかし、幹事を行なう上では成功のために前もって準備や計画を行なう必要があるのです。万が一幹事を引き受けてくれる人がいないという場合は、専門の業者に相談してみるのが得策です。