大切な人の大切な日のため

パーティー

するべき事

結婚式の二次会の幹事を任せるのは自分の周りの大切な方だと思います。頼む方はこの人なら自分の人生で1回の晴れ舞台の二次会を無事に任せられるという気持ちで任せられると思ってお願いします。ですので頼まれた方は余程な理由がない限り快く引き受け滞りなく二次会を成功させるため事前に準備、計画しなければいけません。幹事をするにあって結婚式を控えた主役に負担をかけないようにしなければいけません。主役の要望を聞きながらどのような会にしたいのかを聞きその要望をなるべく叶えられるようにします。事前の準備としてまず参加人数に合わせた会場の予約をし、会の進行や会費等を決めていきます。会の進行では余興やケーキカットやゲーム等があります。余興をする場合にはダンスや出し物やビデオメッセージ等を準備、ケーキカットをする場合にはケーキの準備、ゲームでビンゴ等する場合には景品を用意する必要があります。当日は結婚式を終えた主役には気楽に来てもらえるようにしなければいけません。幹事は皆さんの集合時間より早く二次会の会場に行きお店の方との打ち合わせ、受付、会の進行をしていきます。結婚式とは違い二次会は改まった会ではありません。砕けた雰囲気の中みんなで主役の幸せをお祝いする会です。ですので進行していく中で軽く冗談を言って場を和ませたり、感動させたりしていくといいと思います。また、最近では二次会の幹事を任せられる業者もあるため、幹事がいなくて困っているという人は、業者へ相談してみるとよいでしょう。しかし、業者といっても沢山あるため、依頼する際には目的に合わせて選ぶことが大切です。